何故危険なのか?

穀物類が大量に含まれているドッグフードは、愛犬の体によくない事は事実ですが、実際には何故よくないのでしょうか?その理由として、消化しにくいことが一番の理由にあげられます。肉類などは、愛犬の体内に入り、約4時間ほどで、消化され体内に吸収されますが、穀物類では、消化に約16時間ほどかかってしまうと言われており、内臓に大きな負担をかけてしまい、その為愛犬が様々な病気になってしまう可能性があります。

また、ドッグフードなどの愛犬の食べ物は毎日愛犬が食べるものなどで、穀物類が中心のドッグフードを毎日与えてしまうと、最終的にはそれが原因で死に至るということは、十分にあり得る事です。その為、最近では、穀物類不使用のドッグフードが、店頭に並ぶようになり、愛犬の食べ物の見直しをしている飼い主が徐々に増えてきています。

ペットのエサの選択ということは、ペットの生涯を考える事と同意義です。愛犬に長く生きてほしいと考えている飼い主はいないはず。その為に、飼い主自身が愛犬などのペットに対しての、理解をしっかりとしておき、どの様なエサを与えればいいのか?ということを理解することが、飼い主の役割であり、愛犬と長く一緒に思い出を作ることができる方法だと思います。

About the author