月別: 2016年12月

値段の違い

愛犬を飼っている家庭では、当たり前の様に、エサには気を配る使っていると思いますが、最近では、穀物不使用のドッグフードが増えてきており、愛犬の体に合っているドッグフードを食べさせる飼い主が増えてきてきますが、穀物不使用のドッグフードでも、価格の違いが大きくあることはご存知でしょうか?

穀物不使用のドッグフードであるのであれば、価格の違いがあっても、さほど変わりはないと思っている人もいるかも知れませんが、それは大きな間違いであり、価格が低すぎる穀物不使用のドッグフードは、原材料に状態が非常に悪い肉類を使っている可能性があります。もし、愛犬などのペットの事をしっかりと考えて、長く生きてもらおうと思っているメーカーなのであれば、ある程度の上質な原材料を使っていると思われ、それらの原材料を使った製品はしっかりとした価格になるはず。

しかし、穀物不使用といいながら、非常に低価格なドッグフードは、人間が食べることが難しい原材料を加工して、販売しているため、価格が安いと考えた方が自然な事だと思います。穀物不使用のドッグフードであっても、原材料の肉類が、人間にとって食肉に適していない物であれば、当然ペットにも適していません。穀物不使用のドッグフードを購入する場合でも、ある程度の知識を身につけ、愛犬に適しているドッグフードを探した方がいいと思います。

何故危険なのか?

穀物類が大量に含まれているドッグフードは、愛犬の体によくない事は事実ですが、実際には何故よくないのでしょうか?その理由として、消化しにくいことが一番の理由にあげられます。肉類などは、愛犬の体内に入り、約4時間ほどで、消化され体内に吸収されますが、穀物類では、消化に約16時間ほどかかってしまうと言われており、内臓に大きな負担をかけてしまい、その為愛犬が様々な病気になってしまう可能性があります。

また、ドッグフードなどの愛犬の食べ物は毎日愛犬が食べるものなどで、穀物類が中心のドッグフードを毎日与えてしまうと、最終的にはそれが原因で死に至るということは、十分にあり得る事です。その為、最近では、穀物類不使用のドッグフードが、店頭に並ぶようになり、愛犬の食べ物の見直しをしている飼い主が徐々に増えてきています。

ペットのエサの選択ということは、ペットの生涯を考える事と同意義です。愛犬に長く生きてほしいと考えている飼い主はいないはず。その為に、飼い主自身が愛犬などのペットに対しての、理解をしっかりとしておき、どの様なエサを与えればいいのか?ということを理解することが、飼い主の役割であり、愛犬と長く一緒に思い出を作ることができる方法だと思います。

ドッグフードの主原料

ペットとして愛犬を可愛がっている家庭も多いと思われる現代社会ですが、飼い主が一度は必ずぶつかる問題として、エサの選択というものがあるかと思います。最近では、様々な種類のドッグフードが販売されており、愛犬の好みによって種類を変えることが出来ますが、何が主原料として使われているかを疑問に思ったことはありませんか?

使われている原料は、最近は完全に記載されていますが、その中に穀物という単語を見たことがある人はたくさんいるかと思います。人間も主食として食べている穀物ですが、愛犬にとっては、少量摂取するのであれば、問題無いものですが、穀物中心の食生活は愛犬にとってはあまり良いものではなく、逆に健康を損ねてしまう可能性もあります。その為、最近では、穀物不使用のドッグフードが多く見られるようになり、愛犬の健康を食生活から見直していこうという、飼い主も増えてきています。

もし自分の愛犬が、昔から体が弱く、すぐに病気になりやすい体質だとしたら、それはもしかしたら現在与えているドッグフードが影響をしているのかもしれません。虚弱な愛犬の原因が、全てドッグフードだということは無いですが、可能性は十分にあり得ることです。現在与えているドッグフードの主原料を見直してみて、穀物が中心のドッグフードを与えているのであれば、ある程度の期間、穀物が入っていないドッグフードを与えて、愛犬の体調の様子をみてはいかがでしょうか?